1年

3月ももうおしまい。年度末ですね。

去年の3月から東京で再スタートをして、1年が経ちました。海外生活で長いブランクのあった身にとって、スタート当初は、不安でいっぱいだったことをよく覚えています。とにかくゼロからの出発だったので、ピアノを弾いて評価される立場というよりも、なんとか生きるためにピアノを弾くという状況に身を置かなければならない時もありました。

そんな中で、僅かなチャンスを通して、少しずつ自分の音楽を聴いてもらう機会が増えてきました。昨年末の2つのリサイタルなどは、まったく新しいつながりを通して、そこで出会った方たちのお陰で行えたことで、偶然から生まれる幸運もあるのだということを実感しました。

数々の新しい出会いに導いてもらった1年でしたが、やはり旧くからの知り合いで、私のことを覚えてくれている人たちにも改めて感謝をしなければなりません。彼らとのちょっとした再会が、自分の活動に大きなエネルギーをもたらしてくれ、これから先の方向付けを与えてくれるものとなっています。

この1年は短いようで長さを感じた1年だったと思います。それは、きっと自分の中で波乱あり、ドラマありの年だったからなのでしょう。でも、それは人生の中では豊かな1ページを刻むことになっていくのかもしれない。そう考えると、次の1年もそのようなものになって欲しいと思わずにはいられません。山あり谷ありの生活であっても、常に自分にとっての寄りどころをなくさずに、音楽の道を歩める1年になるようにしたいと思います。

それでは、この1年の写真をパラパラと。

新年度もがんばります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です