熊本アウトリーチ

1/13〜18まで熊本は菊陽町で、チェリストの加藤文枝さんと共に、学校でのアウトリーチとリサイタルを行っていました。

アウトリーチってなに?と思われるかもしれませんが、音楽ホール等でする音楽のワークショップを、学校などホール外(=out)で行う、出前授業と言えるでしょう。

加藤さんは、ソリストとしてリサイタルをする一方で、日本全国でこのような活動を継続的に行っている、ユニークな音楽家です。

学生時代に随分とよく共演させてもらって、とても多くの刺激をもらっていましたが、今回約5,6年ぶりくらいに一緒に演奏しました。

その日程は8コマのアウトリーチを4日でこなし、最終日はリサイタルをするというなかなかハードなスケジュール。

最初の4コマは、菊陽西小学校の6年生4クラス。全校児童が1000人に届こうとするマンモス校です。

子どもたちの演奏に対する反応はとても様々で、元気のいいクラスもあれば思慮深いクラスもあって、クラス全体の雰囲気というものがあるのだなと強く思いました。でも、子どもたちはとても素直に、真剣に耳を傾けてくれました。

次に向かったのは菊陽南小学校。こちらは、4〜6年生に聴いてもらいましたが、その全員で40人くらいの、こじんまりとした学校です。4年生のダイレクトなはきはきとした物言いに対し、6年生はやっぱりすこし周りを伺いながら発言するといった感じがします。

菊陽北小学校の子たちは、現在音楽室が改修中だそうで、リサイタル会場でもある図書館ホールを使ってのインリーチ。よく響く会場の響きで、イマジネーションも膨らんだかな?

そのほか、地域の町民センターなどで、街の皆様の前でのミニコンサートなどもあり、観光などはする暇もなく、最終日のリサイタル。

プログラムのメインは、ショパンのチェロ・ソナタ。ショパン晩年に作られた、孤高の輝きを持った大作です。

加藤さんのコメントでは、シューマンの言った「花畑の下に隠された大砲」というところからインスピレーションを受けた、「血と思ったらバラのように」鮮烈な美を感じながら弾きたい、という言葉が印象に残っています。僕も最近ショパンのピアノ作品に取り組んでないけれど、また近づいてみようかな。そういえば、今年はショパンコンクールの年なんですね。

アウトリーチの時に子どもたちの見せてくれた笑顔、そしてコンサートやリサイタルでも、街の人々のあたたかい視線にとてもパワーをもらう日々でした。この地域は熊本地震でも大きな被害を受けた地域ですが、喪失感から立ち直る強さや、前向きさを持った人たちでした。

自分にとっては初の九州への旅でしたが、今回誘ってくれた加藤さん、アウトリーチのコーディネート(これら写真なども)をしてくださった図書館ホールの職員の皆さん、そしてあたたかく演奏者を迎えてくれた町民の方々、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です